Loading

Column 読みもの

週休3日正社員で働き方に関心があるのは、あなただけではありません。

4月27日、東京都産業労働局が発表した「中小企業労働条件等実態調査」において、あらためて週休3日制度のニーズの高まりが確認されました。

調査は、昨年10月から11月まで、東京都で正社員で働く方を対象に行われ、有効回答数は2799です。※東京都HPの発表概要はこちら

まず週休3日に関連しない調査結果の中から主だったものを紹介します。

  • 労働時間の管理方法は、「タイムカード・ICカード等」(62.2%)が最も多く、次いで「自己申告」(19.9%)、「上司が確認・記録」(10.6%)となっている。
  • 労働時間の把握状況については、74.1%の従業員が「正確に把握されている」と回答する一方、16.9%が「会社の把握している労働時間は、実際よりも短い」と回答している。
  • 実施した残業時間数の平均は 21.2 時間で、手当が支給された残業時間の平均は 15.3 時間であった。手当が支給されなかった残業時間数の平均は 5.9 時間となっている。
  • 「労働時間について会社が正確に把握している」の数値が70%を超える状況を見ると、残業が社会問題となる中、企業側が危機感を持ち取り組んでいる結果だと思われます。
    ただし一方では、手当が支給されなかった残業時間数の平均が5.9時間と、一昔前に比べると短いはずですが、依然としてサービス残業が改善されていない状況も見てとれます。

    そして注目の週休3日制度についてです。

    週休3日制度については、0.2%が「既に運用」、51.6%が「希望する」、26.7%が「希望しない」、21.4%が「わからない・無回答」でした。
    まず他制度に比べると週休3日制度を運用している企業が少ない実態はっきり見られます。
    そういった実態にも関わらず50%を超える方が週休3日の運用を希望しており、フレックスタイム制を超える数値です。

    週休3日にした場合、給与をどうするのか?週休2日の時と変わらないのか、あるいは同一労働同一賃金の観点から勤務日数減に比例して下がるのか、またはそれ以上に下がるのか、言及していない中でのアンケートですので参考程度ではありますが、働く側の週休3日正社員への期待感が高まっていると言えるのではないでしょうか。

    週休3日.comのロゴデザインとイメージデザイン。

    翻訳と週末カフェ、2つの仕事が自分らしい人生をつくる(上)

    関連記事

    関連記事はありません。

    読みもの

    PAGE TOP