Loading

Column 読みもの

言うなれば、草刈りガン○ム。

某ロボットアニメ「ガン○ム」を彷彿させる、アームを自在に操って仕事を進めるのは、荻造園のスタッフさん。20代から60代まで25人を超える従業員が、街路樹や路面植栽の剪定(木や草を切る)をしたり、草を刈ったりと言った公共事業を請け負う仕事をしています。

取締役の荻さん。
「体力的にはハードかもしれないですが、こんなにビフォーアフター(仕事をやる前とやった後)が分かる仕事も珍しいですね (笑)」
とおっしゃっていました。

ビフォー(仕事をやる前)

アフター(仕事が終わった後)

お、同じ場所!!?

確かに分かりやすい!
達成感や爽快感がありますね (;^_^

「お仕事をする上で大事なことは?」と伺うと、

「チームワークです。」

とのこと。

「ひとりだとなかなか進まない仕事も、例えば5人でやると、単なる掛け算にはなりません。伸びが違う!1人だと1時間で5mしか進まなくても、5人だと50mになったりするんです」

業界用語ですが『伸びが違う!』と力強くおっしゃる言葉に、このお仕事における、チームワークの大切さを感じます。

仕事を任せてもらう喜びが、若い人間を成長させる

「私たちがやっている仕事は、『社会になくてはならない』お仕事。例えば街路樹の剪定をしないと、車や人の通行ができなくなってしまいますから。」

それ以外にも、景観が良くなったり、木や植栽やがイキイキしたり。徒歩や車で行き交う市民はもちろん、植物たちにも嬉しいお仕事なのかもしれません。

「若い20代の社員も、最初は『仕事をやらされている感じ』が強いですが、お客様から褒めたれたり、通行人から感謝されたり、社会から認められる経験をすると『仕事を任せてもらえる喜び』に気づいていくんです。そうなると、急に成長していきます。」

確かに最近はパソコンの前にずっと座ったり、モニターを見つめているような仕事が多くなりましたが、体を動かして仕事をして、それを褒められるって、人間のお仕事の本質だと感じます。

工場と違って外仕事だから、開放感が違う。

正社員の鈴木さんに、お仕事についてお話を伺いました。鈴木さん、ちょっと緊張気味で表情硬いです。

「やっぱり開放感がありますよね、工場の仕事と違って外仕事だから。この開放感がない仕事は、自分はちょっと無理かなと思います。」

確かに外仕事って開放感が違いますよね。現場取材の際、上を見てみました。

開放的!

だって外ですからっ!

仕事中。気分転換でふと上を見ると、空がある。

そういう良さって体感しないと分からないですよね。
何だか、今の時代に大切な気がします。

鈴木さんに「その他は?」と伺うと、

「同業他社にない安定感。保証。」

鈴木さん、めっちゃ笑顔。

会社の安定感。保証。充実ぶりが伝わってきます。

「あと、賞与もちゃんと出ますしね。」

荻さん、表情が引き締まる!
取締役として、従業員の為に頑張ってください!

最新機材や重機が働く人の負担を減らす!

荻造園さんの特徴が、最新機材や重機を積極的に導入している点です。

「最新機材や重機を使って仕事をすると、働く人の負担をかなり減らすんです!」

「ほら!」

「ほらっ!」

草やら木やら、めっちゃ舞い上がってます!!!

そして、荻さんすみません。ちょっとガン○ムぽかったです。

「さらにこの、最新重機!」

荻さんのテンションが上がります。

「この最新式アームを持ってる同業他社さんはあまりいないんです!」

荻さん、重機オシがすごい (笑) というか、このアーム!

こいつ、動くぞ!

「アタッチメントを変えれば、アームで草を集められます!」

あんなにごっついアームが、器用に「草集めパーツ」をつまんで草を集めてます! なんか、ロボアニメのパーツみたい! す、すみません。取材していた私もフツーに楽しい!

「草を集めると、重機の後ろに、鳥が集まってくるんです!」

そ、そうなんですね! 実際、めっちゃ鳥がいましたっ!

「開放的な外仕事をした後は、お弁当が本当に美味しい!」

外仕事の後のお弁当!お、美味しそうです!・・・アームと話題が離れますが。

「人だと大変な仕事も、アームのパワーで楽々です!」

・・・荻さん、間違いなく重機大好きです。でもなぜでしょう?私もこの最新重機を見ていて楽しくなりましたっ! これはロボ好き男子やロボ好き女子は結構向いているかもです。もちろん、外仕事が好きなのも重要ですね。

週休3日正社員でもOKです

最後の最後に、本題の働き方のお話です。

「実は、実際に20代の女性の方から週休3日正社員で働きたいという相談を受けているところなんです。働く側の立場に立った柔軟な考え方が大事だと実感しています。
週休3日正社員の働き方をしたいというお気持ちも尊重したいと思います。女性や、20代の若い人、シニアの方まで、それぞれの事情と気持ちがありますから。その分出勤していただいた際、前向きにお仕事していただければ。」

お会いすると、驚くほどに優しい印象の荻さん、この仕事と興味ある方のお申し込みを楽しみに待っています、とのことでした。

最後に荻さん、

「雨がひどいとお休みになることもあります。」

とのこと。今の時代だからこそ、開放的で、自然を感じながらの外仕事の選択肢も魅力的な気がしました。

法人(事業者名) 有限会社荻造園工事
事業内容 造園・土木工事 静岡県知事許可(般)第25338
代表者 荻良策
住所・勤務地 静岡県浜松市西区呉松町2382番地の1
設立 昭和61年5月
資本金 500万円
事業所 1箇所
従業員 18名(正社員・パート ※臨時アルバイトは除く)

ウェルカム、週休3日制。

静岡新聞で週休3日制について取材いただきました。

関連記事

関連記事はありません。
PAGE TOP