Loading

Column 読みもの

翻訳と週末カフェ、2つの仕事が自分らしい人生をつくる(上)

天竜の山々に囲まれ、季節の花やハーブが彩る「里山の小さなカフェ クライネスカフェ」。2016年5月にオープンしたこちらは、木曜から土曜の3日間だけ営業するカフェ。フェアトレードの豆を自家焙煎した香り豊かなコーヒーをはじめ、日替わりランチや自家製スイーツが人気です。平日2、3日はまちなかで仕事をする店主の戸村由香さんにお話を聞くため、初夏のカフェを訪ねました。

interview戸村由香さん / クライネスカフェ店主

千葉県出身。東京で会社員として働いた後、スイスの芸術大学で陶芸を学ぶ。ドイツ人のご主人とともにドイツやスイス、イタリアなどに住み、2015年に帰国。翻訳の仕事をしながら、2016年5月、浜松市天竜区横川地区にカフェをオープン。無農薬・無化学肥料や、フェアトレードのコーヒー豆を自家焙煎するほか、地元春野町の和紅茶、きこりが作ったクロモジ茶などもメニュー並ぶ。山と街をつなぐ交流の場として、多くの人に親しまれている。


まちなかの仕事と、里山の仕事

週休3日正社員といった多様な働き方を提案している私たちにとって、戸村さんはまさに理想的な働き方です。まずは、平日の仕事とカフェの仕事について教えてください。

フリーランスで翻訳の仕事をして、もう15年になります。2年前にスイスから帰国し、今は浜松市中区に住んでいます。スイスの仕事を請け負い、月曜から水曜は自宅で翻訳。水曜の午後にこちらのカフェに移動し、仕込みや焙煎などをしています。木曜から土曜の3日間、12時〜17時にカフェを営業して、日曜は主人とゆっくりするというスケジュールです。

なかなかハードですね。

カフェはすべてひとりで切り盛りしていますし、翻訳の〆切がカフェの営業日と重なることもあったり、綱渡りな感じです。カフェは副業でなく、翻訳業との両輪。人気店にしたいですし、イベントやワークショップを開いたり、雑貨市などにも積極的に参加しています。好きなことをしているので充実していますが、2つの仕事の両立はやっぱり大変ですね。

カフェという仕事を選ばれた理由を教えてください?

最初からカフェをするつもりはなく、この場所も山暮らしをしたいと思って借りました。壁を塗ったりリノベーションしていたら、なんかカフェっぽい雰囲気だねとなって。もともとコーヒーが好きだし、自分で飲む分は焙煎もしていたから、ならカフェを始めようと。そんなのりです(笑)2つの仕事をするのは初めてではなくて、以前住んでいたスイスでは60%の正社員をしながら、陶芸の仕事をしていました。

1週間分の仕事を100%とすると、そのうちの60%勤務するというものですよね。賃金は正社員の7〜8割になりますが、産休や1ヶ月の休暇などが保証されるスイスならではの働き方という理解でいいですよね。私たちが提案している週休3日正社員と似ていますね。

(参考)「スイス人の就労最前線※一般社団法人 日本ネット輸出入協会 webサイト

はい。翻訳の仕事をしながら、自分の工房で焼いた作品を売ったり、陶芸教室を開いていました。浜松では陶芸がカフェになったとい感じです。


2拠点の生活と仕事が視点を広げる

カフェも通訳者の気持ちで運営しています。中山間地域が抱える様々な課題を、それを知らない街の人に翻訳して届ける役割。山の人の気持ちも、街の人の気持ちも分かる私のような存在が間に入ることで伝わることってあるんですね。例えば、獣害の問題も、捕獲した鹿などをジビエ料理としてカフェで提供したり、革をアクセサリーにしたりして、山とまちを繋ぐ活動をしています。

山だけに住んでいる人ではなかなか思いつかない発想かもしれませんね。

2拠点だからこそ分かることがあります。私は、あることと、あることの間に立つのが好きな性格。カフェがめちゃめちゃ儲かっても、カフェ専業にはしないですね。2つのことをスイッチするのが好きだから。

翻訳と週末カフェ、2つの仕事のバランスについて、大事にしていることってなんでしょうか?

それはずーっと悩み続けていて。街と田舎という2拠点生活を海外も含めて10年しています。翻訳と、陶芸やカフェという2つの仕事のバランスは自分でマネジメントしないといけないと思っていたんですが、4、5年前からそれを止めたんですね。我を置いてみたというか。声をかけてくださる方がいるので、以前だったら、それは私がすべきことなのか考えていたことも、求められるがままにしたら、自然と丁度いいバランスになってきました。この方法が正しいかは分かりませんが。

面白いエピソードですね。これまでの週休2日正社員だと、休日を含めて自分をマネジメントする必要がありました。でも週休3日正社員になると+1日の余裕があるから、みっちりマネジメントしなくても、勝手にバランスが取れるというか、自分本来のバランスが見えてくる。週休2日正社員で疲弊してしまうなら、一定期間でも週休3日正社員を試してみることで、自分の本当にしたいことが見えてくるのではないか、お話を聞いてそんな思いになりました。

浜松市の学童保育についての実際と体験談を聞けるイベント(6月4日&25日)

浜松プラザフレスポのリニューアルオープンに行ってきました。

関連記事

説明会・セミナー等スケジュール

  • No Events

読みもの

PAGE TOP